園だより

園だより くろいしみどりっこ より   2018年5月

img_9723.jpg

img_9723.jpg
世界でひとつの麦わら帽子

黒石みどりっこは、夏がやってくる前に、麦わら帽子を自由に自分でデザインします。

そして、世界でひとつの自分で描いた帽子を被って、夏を楽しみます。




おとなも 子どもも、「気づいたら 周りは友だちでした」の五月に

すっかり若葉青葉に変わった大きな樹々の下、色んな色の帽子が入り混じり好きな遊びを
楽しむ声が響いてきます。

初めての園生活にどきどきしながら身支度を自分で行おうと頑張る姿や、やり終えて元気よく
園庭を走り回り遊ぶ姿。ニコニコした表情を見せてくれるようになった年少さん。年中さんは、
隣にいる同じクラスの子を少しずつ意識するようになり、新しい友だちとの関わりが始まろうと
しています。年長さんは下の子を連れて集団になって、虫取りや鬼ごっこなど一緒に遊びを楽しみ
ながら、新しい担任や仲間に親しみを持ち、安心して過ごせるように馴染んできたかなと思います。
青空のもと春の自然を感じながら、自分から積極的に友だちと関われるように、そして友だちと
遊ぶ楽しさをさらに感じられるよう働きかけていきます。その日の陽気によって一足早い水や
どろんこ遊びが始まっており、洗濯のお手数をおかけしますがよろしくお願いします。 

黒石みどり幼稚園は、一年を通して行事のみならず日常の保育にも、お母さま方、お父さま方の温かな
お人柄に支えられ、力を貸していただくことの多い園です。一年間で何かひとつとお願いしているおやつ
作りや着換え等々のご奉仕、父母の会の実行委員会と各サークルでの活動は、お一人ひとりの愛情と力が
集まって大きな両輪となり、子どもたちの幸せにつながる、心のこもった取り組みになっています。信頼を
寄せ、心から感謝します。どうぞ今年度もよろしくお願いいたします。
大人も園で友だちができたらいいですね。                       

園長・古橋 由見子