園だより

園だより くろいしみどりっこ より  2018年6月

img_3239.jpg

img_9901.jpg

img_7765.jpg

今年は4月から気温が高い日もありましたので、そんな日にはどろんこを楽しむみどりっこが徐々に増えてきました。

6月に入り、どろんこ大会が近づきます。楽しみです。当日はどろんこ日和で楽しみたいですね。



「あっ、あかちゃん、黄色いリップ(クリーム)つけてる!」
(つばめの巣を見上げ、年中児つぶやく)

お日さまが顔を出し今日はどろんこ日和。年長男児がさっと着替えるや泥水たまりに走り、
バチャバチャとはねを飛ばしながら何度も思いきりジャンプし走り回っています。すると近くで
じっくりと泥の感触を楽しみながらお店やさんをしていたグループ(年長と年少児ペア二組)が、
作っていた遊びを壊されて年少児が泣き、その子の姉き分年長児が猛烈な勢いで抗議、年長男児は
頭をかきながらちゃんと謝ります。毅然と下の子を守ろうとし、可愛い年少児の手前、とても紳士的に
ふるまう姿に成長が感じられます。そして何もなかったかのように、またパンを作り始めました。 
自由な遊びの時間には、新しい友だちとの関わりがあちらこちらで見られ、その組み合わせや人間関係の
妙に興味はつきません。子どもたちが気持ちを伝えあいながら、気の合う仲間と楽しく遊びこみ、
それぞれの居場所が確かにクラスの垣根を越えて拡がってきたことを実感します。担任たちは交友関係を
把握しながらその関係性を見守っています。

先日の個人懇談会は、園までお出かけくださり、たくさんのお話をありがとうございました。子どもたち
一人ひとりへの心からの願いをよく理解することができました。

年少保護者会にも多くの方々がお集まりくださり嬉しく感謝します。感想などお聞かせ下さいね。

一人ひとりが好きな遊びを充実させ、そしてどの子も日々の経験から自分なりの学びを重ね、
心も体も真っすぐに育っていけるように保育していきます。暑くなります、健やかに過ごしましょう。

園長 古橋 由見子